リファクション!

TNAの結果・情報など(ネタバレあり)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2・3放送分 iMPACT!結果

○インク・インク vs ガンナー、マーフィー×

○ジェレミー・バック vs ジェイ・リーサル vs ダグ・ウィリアムス× [次期Xディビジョン王座挑戦者決定3WAY]

解説席にいたマックス・バックの援護で勝利。ジェネレーション・ミーは二人ともに、Against All Oddsで行なわれる4WAY Xディビジョン王座戦へ参戦決定。

エリック・ビショフはリック・フレアーがいないことにイラついていると、AJらがそれをなだめる。ビショフは、ジェフ・ハーディがベルトを奪取するための援護をするよう、AJに約束させる。

TNA世界ヘビー級王者のMr.アンダーソンが入場し、ジェフを呼び出す。そして、自分とジェフのWWE時代の話を始め、ビンスがいつも全てをコントロールしていたと語る。そして、互いに外部介入を認めないことを約束し、握手を交わす。

○ミッキー・ジェームス vs サリータ×

試合後マディソン・レインがジェームスを襲撃。

ジェフがエリック・ビショフのオフィスへ行き、イモータルがタイトルマッチに介入しないよう頼む。ビショフは最初は断るものの、最終的には条件を飲む。

ブリー・レイ vs ディアンジェロ・ディネロ

試合前にレイはソーキャル・ヴァルを乱暴に扱い、泣かせてしまう。そこでディーヴォンへの罵倒をはじめ、逆にディネロを賞賛する。一方、ディネロはサモア・ジョーを罵倒し、Against All Oddsでジョー vs ディネロを行うと発表。そしてさらに、レイとディネロはこれから新しいチームとしてやっていくと言う。そこでジョーとディーヴォンがあらわれタッグマッチに。ジョーはバックステージまでディネロを追いかけていく。ディーヴォンはレイにイス攻撃。警備員がディーヴォンを止める。レイは退場時に客席にいたディーヴォンの二人の息子にビールを吹きかける。

○Mr.アンダーソン vs ジェフ・ハーディー× [TNA世界ヘビー級王座戦]

アンダーソンがいつものマイクパフォーマンスを行おうとすると、背後からジェフが攻撃。リング外で乱闘となる。警備員がそれを引き離し、リングへ上がってようやくゴング。試合途中レフリーが攻撃を受けて倒れると、イモータルが登場し、アンダーソンを袋叩き。しかし、フォーチュンのメンバーは攻撃に加わらず、逆にジェフとイモータルを攻撃する。AJがジェフにスタイルクラッシュを決め、アンダーソンがカバーして王座防衛。

「THEY」の正体はイモータル。マット・ハーディ、ロブ・テリー、ガンナー、マーフィーはショックを受けている。AJがマイクを持ち、エリック・ビショフを罵倒。お前は一つの団体を潰したが、TNAは潰させないと言い、さらにホーガン対ディクシーの権力対決も3月にカタをつけると宣言。フォーチュン vs イモータルが開戦。
スポンサーサイト

| TNA | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://untoter.blog73.fc2.com/tb.php/165-34f60da6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。